The Forklore of WA-HERB 一般社団法人和ハーブ協会

The Forklore of  WA-HERB

日本人の植物の叡智を学び、未来へつなぐ


和ハーブフォークロアとは
ABOUT
和ハーブフォークロアとは

「フォークロア=Forklore」とは日本語で「民俗学」という意味。すなわち『和ハーブフォークロア』とは、日本の有用植物文化の掘り起こしと伝承を行っていくことです。

日本は国土の大半が山林の島国であり、生活素材の大部分を足元の植物に頼ってきました。

つまり、各地に残る有用植物文化(和ハーブの知恵)は、”日本人が生きてきた証”でもあります。

それらは素朴ながらも、合理的で科学的な側面も持つ古来のテクノロジー。日本の環境に応じ、日本人の遺伝子に寄り添う私たちの宝物です。


ABOUT
失われていく”にほんのたからもの”

各地の和ハーブ文化(食、薬、色、浴、材など)は、地域の植生、気候、生活習慣に影響を受けてきました。それらは極めて多彩であり、かつオリジナリティに溢れています。

同時に、それらを伝承する機会や人材も、著しく失われつつあります。

埋もれ、消えて行ってしまうかもしれない”日本人の生き方の歴史”。貴重な足元の植物文化を掘り起こし、伝えていくことが、今、必要とされています。


ビジョン
過去から未来へ、皆で創り上げる

私たち和ハーブ協会は【有用植物文化の継承と創生】をミッションに、この10年以上に渡り、日本各地の情報を独自に蓄積・研究して参りました。

そしてこの度、和ハーブフォークロア=「足元の植物民俗学」という新しい学びの体系を創りました。その情報とノウハウを皆様に還元していくことが、私たちのミッションを昇華させると考えています。

2020年度に【第1期】基礎コースを開講。全国各地より受講生が集いました。2021年度には【第2期】基礎コースの開講、そして2022年度には応用コースの開講を準備しております。

当講座をきっかけに、受講生の皆様に”足元への気づき”が生まれ、全国に『和ハーブフォークロア・ネットワーク』が築かれ、日本の知恵の掘り起こし&伝承作業がよりダイナミックに展開していくことを願っています。


イントロダクション講座
イントロダクション編
2021年
08月08日(日)13:30~15:00
09月11日(土)13:30~15:00
09月22日(水)13:30~15:00
※いずれの日程も同内容となります。

1.和ハーブフォークロア 基礎編 
~新ジャンル植物民俗学の手法とは~

“和ハーブ・フォークロア”植物民俗学とは何か?
有用植物文化におけるジャンル、カテゴリー、比較法
植物の部位と成分からアプローチする“人と植物の関係学”

 

2.和ハーブフォークロア 探求編 
~植物文化で日本と世界の旅をしよう~

植物の特性を活かした有用法比較 : 
各地に残る“臭い木の使い方文化”

同一植物の有用法の比較  : 
サンショウの“意外過ぎる韓国での使い方”

民俗文化を切り口にする例 :
アイヌ民族とハーブティー   等

※(一社)和ハーブ協会主催の植物民俗学「和ハーブと生活文化」本講座【第2期(基礎コース)】は2021年10月開講です。当講座はその<イントロダクション編>となっており、ご興味のある方はどなた様もご参加いただけます。
※「和ハーブと生活文化」は2021年開講予定の国際補完医療大学と提携しており、当該単位の取得が可能なオープンカレッジとなっております。
イントロダクション講座申込
◇開催日時:2021年08月08日(日)/09月11日(土)/09月22日(水)
 すべて13:30~15:00 ※各回とも同内容となります。

◇参加形式:会場にて受講 または オンライン受講(Zoom)
◇料金:会員 1,000円(税込)/ 一般 2,000円(税込)
 ※会場参加・オンライン(Zoom)参加ともに同額となります。
 ※会場参加の方にはご来場特典をご用意しております。
◇会場:一般社団法人 和ハーブ協会 4Fセミナールーム ※「歌舞伎座」裏手
(東京都中央区銀座4-11-7 第二上原ビル)地下鉄 東銀座駅 3番出口より徒歩2分

[受講お申込みはこちら]
本講座「和ハーブと生活文化」
本講座 「和ハーブと生活文化」
【第2期】2021年10月開講
(基礎コース 全8回)


当協会独自の人脈とノウハウで積み上げてきた、他では得がたい珠玉の情報を学べます。一方的な知識の受け取り方ではなく、自分自身や関連する地域にアプローチ/フィードバックできる実践的なカリキュラム。植物の基礎から丁寧に身につけていきます。私たちの祖先が紡いできた素晴らしい「和ハーブ」文化の掘り起こしと構築の第一歩を、ぜひ一緒に踏み出していきませんか。

※応用コースは2022年度開講を予定しています。

本講座詳細1
第1回 
2021年10月09日(土)
13:00~15:30
地域植物民俗概論
山・里・海の植生と暮らしの文脈を読む
第2回
2021年10月30日(土) 
13:00~15:30
植物利用法
薬と毒 ~柑橘の祖先植物と「和方(わほう)」~
第3回
2021年11月06日(土)
13:00~15:30
生活文化論
色 ~植物の化学戦略と人の知恵の交点~
第4回
2021年11月20日(土)
13:00~15:30
食文化論
ビタミンc源 ~命がけの冬の保存食~
本講座詳細2

第5回
2021年12月04日(土)
13:00~16:00
※終了時刻は前後する可能性があります。

民俗情報活用法
ケーススタディー【1】:現場の「リアル」を掴む
~調査・分析と価値の見つけ方~
第6回
2021年12月18日(土)
13:00~16:00
※終了時刻は前後する可能性があります。
植物民俗特講
ケーススタディー【2】:記憶と記録
~情報収集ワーク~

第7回
2022年01月29日(土)
13:00~17:00
※終了時刻は前後する可能性があります。

中間発表会
マイ・フォークロア・レポートと学び合い
第8回
2022年03月05日(土)
13:00~18:00 
※終了時刻は前後する可能性があります。
シェア発表会・まとめ
シェアによる学び合い
本講座申込

本講座【第2期】和ハーブと生活文化(基礎コース 全8回)
◇開催日時:2021年10月~2022年03月
◇参加形式:会場にて受講 または オンライン受講(Zoom)
◇料金:<第2期生特典>全日程受講の方には「修了証」が発行されます。
【1】フル受講 通常62,400円→57,000円(+税)約10%OFF 
【2】フル受講で9月13日(月)までお申込確約 上記より更に5%OFF→54,150円(+税)
【3】単回スポット受講(※第1~6回目のみ) 7,800円(+税)/回 
 ※第1回目を受講後にフル受講参加へ切り替えも可能です。協会事務局へご相談下さい。
◇会場:一般社団法人和ハーブ協会 4Fセミナールーム
  地下鉄 東銀座駅 3番出口より徒歩2分 「歌舞伎座」裏手
[受講お申込はこちら]

講師紹介
平川 美鶴  Mitsuru HIRAKAWA

植物民俗研究家/一般社団法人和ハーブ協会副理事長

私は、日本各地に伝わるその地域独自の有用植物文化の発掘・研究を行っています。

当協会が発足して約12年の間、全国各地の植物使いのプロたちをお訪ねし、諸先生方に教えを請いながら知恵を集め、積み重ねてまいりました。そこには常に驚き、発見、そして日本人の叡智との出会いがありました。

これまで蓄積してきた情報やノウハウを、引き続き多くの皆様と共有していきたいと思っています。それは、今までにない視点と切り口で、日本文化を伝えていく試みです。

情報が混在し、日本のアイデンティティが失われつつある今、自然と交わってきた日本人のトライブテックを一緒に探求し、私たちの未来の知恵として融合していきましょう。

第1回和ハーブフォークロア本講座 受講生の声
『日本人の生き方を再発見できました』 (Sさま・30歳代・女性)
>受講のきっかけを教えてください
近所の公園や土手の散策、いけばなのお稽古などで植物と接するのが好きだったこと、歴史と文化への関心が深かったことが受講の動機です。2020年秋にたまたま協会のサイトを見に行った折、自身の興味にぴったりと一致する「和ハーブフォークロア講座」が開講すると知り、迷わず受講を決めました。

>受講してどんな収穫がありましたか?
同講座を受講して良かった点は、日本人の生き方の多様性が再発見できたことです。
平川先生や外部講師のお話、他受講生の発表を通じてさまざまな和ハーブ民俗に触れ、衣食住をはじめとする生活のあらゆる面で植物が活用されていたことを知りました。
「身近にある植物を最大限に有用するにはどうすれば良いか…」を考え続けてきた先人たちが編み出した合理的な方法こそが、地域文化の特色、ひいてはかけがえのない個々の生き方を決定づけてきたのだと実感します。また、生まれ故郷に素晴らしい和ハーブ文化が存在したことに気づき、自分の街がさらに好きになれたのも同講座での収穫です。
>今後どんなことに生かしていきたいですか?

今後和ハーブの活動に携わるご縁があれば、対象となる植物と文化について調べる際、同講座で得られた実践的知識(資料の探し方やインタビューのコツなど)がそのまま役立つと考えています。活動や情報発信をするか否かとは無関係に、同講座での課題や発表は純粋に楽しく、新たな「趣味」を得るきっかけにもなりました。すでに独自のテーマ―個人的に馴染みがある地域の和ハーブ民俗、子どもの頃に住んでいた欧州の植物文化との比較など―が頭に浮かんでおり、少しずつ調べていきたいと思います。


『自分の住む地域の植生や植物文化、民俗がとても愛おしく思え、さらに深く調べてみたくなりました。』(Mさま・40代・女性)
>受講のきっかけを教えてください
もともと西洋ハーブやアロマテラピーの勉強をしていたのですが、自分たちの身近にある『和ハーブ』について知り、学びを深めていくにつれ、『私たちのご先祖様達は、身の回りの植物たちとどのように暮らしてきたのだろう?』という疑問が生まれました。

思えば、子供の頃は畑や田んぼで草花を取って遊んだりすることがほとんどでした。植物と人との暮らしを知ることは自分のルーツを知ることであると思い、受講に至りました。
>受講してどんな収穫がありましたか?
自分の住む地域の植生や植物文化、民俗がとても愛おしく思え、さらに深く調べてみたくなりました。衣・食・住のみならず信仰、美、毒に薬と我々の生活に植物はなくてはならないものでした。その中には失われつつある技術や文化も少なくありません。

今回の学びで得た多くの知識や気づきがそれらを保護し、継承するきっかけとなると信じて今後も努力を重ねたいと思っております。
>今回の受講を生かしてやってみたいことはありますか?
地元の民俗博物館や教育委員会などと積極的にコンタクトを取り、植物と地域の人々の暮らしぶりについてさらに深く調査し、文化財の保護や地域の振興に協力することが出来れば幸いに思います。



講座お申込
受講お申込受付中
[和ハーブフォークロア]
【イントロダクション編】
【第2期】基礎コース(全8回)
上記フォームに必要事項をご記入の上、送信ください。
後程、お手続方法をEメールでご案内いたします。